特定非営利活動法人みなと研究会
トップページ > 活動ブログ >  カキ殻リサイクル活動

2017年11月08日

カキ殻 粉砕作業

2017年11月2日(木)10:00~

11月に入ると天候がカラッと晴れた日が続かないので、今日の粉砕作業となりました。

2017年10月2日(月)10:00~ カキ殻網袋詰め替え作業 

従事者:守屋、本木、松浦、佐藤

野積みされていたカキ殻を網袋に詰め替える作業。

2017年6月19日(月) 髙橋農園にてカボチャの栽培指導説明会を開催しました。

カキ殻を粉砕して土壌改良剤としてリサイクルする事業は、海の美味しいカキを頂き、今度はカキ殻を利活用して里の美味しい農作物を育てるという地産地消、自然環境の循環型が形成されます。

庄内の岩牡蠣から作られた土壌改良剤を使って栽培されたハマボウフです。
33kmに及ぶ庄内海岸クロマツ林の十里塚より直送いたします!

試験販売期間:平成29年4月21日~

価格:100g 640円(送料別)

電話:0234-25-2817(みなと研究会)

2016年09月28日

酒田市公益活動事業

十里塚の高橋農園でカキ殻の土壌改良剤を活用して育った農作物(メロン、スイカ、トマト、ナス、カボチャ)等が美味しく育ち収穫時期を向かえました。


平成27年2月27日(金)
場所:酒田市地域福祉センター

■カキ殻粉砕機

■カキ殻作業内容

■とうもろこし畑 活動状況

  次へ