特定非営利活動法人みなと研究会
トップページ > 活動ブログ
<<救命浮輪の耐久テストが新聞に掲載されました
「シートベルトでハンモック作り」新聞に掲載されました>>

2021年1月24日(日) 9:00~12:00酒田市総合文化センター3階体育館において、廃棄されるシートベルトを再利用したハンモック作りを開催しました。

 コロナ禍の感染対策予防に配慮しながらの開催となりました。参加者には体調の聞き取り調査、消毒、検温、三密対策として十分な活動スペースを配分して実施いたしました。
 親子で、家族で、ご夫婦等 参加者全員での楽しいハンモック作りとなりました。
 みなと研究会が事前に試作品として製作していたハンモックに寝ころがったり、腰かけたり、2~3人で一緒に乗ったりして楽しんでいました。

最初に長いのと短いのに分けて

さまざまな色のデザインを決めて

一番最初、間違わないように…


交互に編み込んでいく


わー ラクチンラクチン!


◇廃棄された車のパーツ、カキ殻をリサイクルして製作した建築用材の試作品を展示しました。

廃棄されたガラスとカキ殻で製造された建築用材


左:カキ殻に木片を混入して製造  右:カキ殻で製造された建築用外壁材


◆この事業は(株)山形県自動車販売店リサイクルセンターからの寄附金を活用した、山形社会貢献基金協働助成事業の助成を受けて実施されました。